Golden door

chapter white


黄金の扉

白の章

ご飯を食べると、眠くなるから
集中して何かをやりたいときは
お腹がすいてる方が良い。

どうしてもお腹がすくときは、
牛乳やコーヒーを飲むと良い。

やらなくていい事は
絶対やらないほうが良い

やらなくていい事に時間を使って
結局、
本当にやりたいことがやれないなら
まずは、今やっていることが
自分が本当にやりたいことなのかを
考えると良い

例えば、
「この資格があれば、きっと将来が安定するから」と
本当はやりたくない資格の勉強に
膨大な時間を使って
資格を手に入れても
いざ、その仕事についたら、
自分に全く合わなくて続かない
なんてことにならないほうが良い

時間をどう使うか
時間を何に使うか
しっかり考えたほうが良い

今の自分の状況で
何が一番大切なのかを
しっかり考えて、
それをやると良い

「何を優先すべきか」
という事を考える時間が
一番最初に『優先すべき』事

やらなくていい事をやって
時間を無駄にしてしまっても
落ち込まなくて良い

『無駄だったな』と感じたのなら
同じ間違いは繰り返さないから
気持ちを切り替えて
自分の本当にやりたい事を
やれば良い

うまくいかないことが続いても
その後、不思議と
スッとうまくいくことがあるから
そんな時は「まあいいか」と思っていれば良い。

テレビは、あんまり見ないほうが良い。

Youtubeも、あんまり見ないほうが良い。

テレビやYoutubeは、
毎日たくさんの、新しい情報が入ってきちゃうから
思い出に残らない。

好きな映画や、アニメや、ドラマは、
何度も見ると良い。
自分の思い出の作品になるから。
作品の事を、だれかにも話せる。

明日の朝がつらくなるから、
夜は早く寝たほうが良い

何事も、楽しんでやったほうが良い。
自分から、楽しさを探したり
自分なりの楽しみ方を考えてみる。

イヤだったら逃げて良い

他人から言われたから
逃げちゃいけない時というのは
実は、あんまりない
逃げたいのに逃げられないときは
だいたいひどい目にあう

自分が心から『逃げたくない!』と思う時は
逃げると後悔するから
逃げないほうが良い

本当はやりたいのに、
『逃げたくない』と思っているはずなのに
無意識に逃げちゃってる時がある
そんな自分に『ハッ』と気がつく事が大切

自分は今、本当にやりたいことから
無意識に逃げているかどうかを
気がつくためには
今やっていることが
今すぐやらないとダメなことかどうかを
考えてみる

今すぐやらないとダメなことは
本当にやらないとダメなことだから
やったほうが良い
そうでなければ
自分は今、
本当にやりたいことから
逃げてるときかもしれない

それに気がついたら、
『今やっていること』をすぐにやめると良い
そういう時の『今やっていること』というのは
逃げるための『言い訳』かもしれない

イヤだと思うなら逃げて良い
でも
イヤだと思っていないのに
なぜか逃げてしまっているなら
なぜ逃げてしまうのかを
自分に聞いてみる

逃げてしまう理由が分かるまでは
理由が何なのかを考え続ける
理由が分かるまでは
一切、他の事をやらなくて良い

逃げたくないのに
逃げてしまう理由を深く考えている時点で
そのことから逃げている状態から
すでに抜け出している

その調子で
そのことについて深く考え続ければ
自然と自分の
本当にやりたいことがやれている

よく噛んで食べたほうが良い
味を長く楽しめるし
お腹の消化にも良い

大切な人には
「あなたは私の大切な人だ」と
伝えたほうが良い

誰でも、
いつかは必ず死んでしまうから
生きている間に、
伝えられることは全部伝えたほうが良い

食べたら、歯磨きをしたほうが良い
歯は大事。
歯医者は嫌い

人の悪口は言わないほうが良い

悪口を言いたくなるような相手は
悪口を言ったら
もっとイヤなことをしてくる

何事も
だれかに、ほめられるために
やらない方が良い

ほめてほしかったら
自分で自分を、
ほめてあげれば良い

うさみちゃんカフェ
なんて素晴らしい
可愛くて
素敵で
知性にあふれ
美しい

いつも、自分はまだまだなんだ
100点じゃないんだ
と思ったほうが良い

もっともっと
良くなっていけるはずだから
100点にはまだまだ遠い方が良い

これをやったら
だれかに文句を言われるんじゃないか?
と思ってしまって
やれないことがあるなら
気にしないでやってしまったほうが良い

言われるかもしれない文句を
勝手に作り出しているのは
自分自身かもしれない

自分が未熟だと分かっていることと
自分はダメなヤツだと責めることとは
全然違う

体温が高いとカゼをひかないから
体温は高いほうが良い

生まれつきの問題は
悩まないほうが良い
悩んでも、どうにもならないから

どうにもならない事を悩む時間を
自分が出来る範囲で出来ることを
『やる』時間に変えれば
思いがけない形で解決策が見つかる

太陽には、
金色の烏がいて
月には、
玉のように白い兎がいる

自分がまちがっていた時は、
素直にそれを認めて
正しい方にしれっと
乗りかえてしまって良い。

心配だけど
そのことに対して
自分が出来ることが何も無いときは
『なるようにしかならない』
と唱えてみると良い

自分の思い通りに出来ることは、
限られていることを理解すると良い

自分が思い通りに出来ることが
なんなのかを知っていると
何をするべきか分かる

自分の思い通りに出来ることを、
出来る限りやれば良い

他人を、
うらやましいと思ってしまうような
情報は見ないほうが良い

本当は満足できる状態なのに
他人をうらやましいと思うと
今の『満足感』が、かき消されてしまう

『こうでなければいけない』
『こうあるべきだ』
という考え方は
しないほうが良い

『どんなふうにやっても良い』
『どんなものでもかまわない』
と考えた方が
楽しいし
可能性が無限に広がる

黄金の扉

白の章

黒の章

礼節の章

恐れと不安の章

インターネットの章

兎と亀の章

やる気の章

薔薇の章

百合の章

Index
Koyomi
Gallery
Character
黄金の扉
Update Log

Usamichan
Cafe