Golden door

chapter WWW


黄金の扉

インターネットの章

人は創造性を
インターネットに
自ら投げ捨てている

本来、WWWは
こちらからアクセスしない限り
情報に触れることは出来ないはずだった

多くの情報に触れることは
自分の思考の時間を奪ってしまう

自ら多くの情報に
アクセスする時間を増やすことで
人は自分の創造性を
自ら低下させている

『思考すること』と
『新しい情報を知る』こととは
全く違う

今日のWWWでは
人に『観察』の機会が
与えられにくい

『観察』の記録や情報の事ではなく
情報にアクセスした人間が『観察』を
WWWの中で体験することが
難しい

新しい情報に触れれば触れるほど
自分が過去の体験から蓄積してきた思考が
あいまいなものになってしまう

世の中には
アクセスを故意的にさせようとする
プログラムであふれている

WWWにアクセスする時間を
増やそうとするプログラムは
『通知』や『評価』『スコア』を使って
人の創造性を奪っている

『通知』『評価』『スコア』などの
プログラムが差し出す『エサ』は
本当に自分が欲しいものではない

プログラムを利用していると
本当に自分が欲しいものが
いつの間にか
プログラムが差し出す『エサ』に
すり替わってしまうことがある

『エサ』を手に入れるために
時間を使うことは
時間のムダ

『エサ』は
ゲームセンターのコインゲームの
コインに似ている

コインゲームのコインは
ゲームをプレイするために使用できるから
まだマシだが
『エサ』には本当に
何の価値もない

『観察』して
『考える』ことは
自分の創造性を向上させる

情報へのアクセスが簡単なWWWでは
この『観察』して『考える』過程が
行われない

『正解』を知ることと
自分で『観察』して『考えて』
正解を『導き出す』事とは
全く違う

『知っている』ことと
『出来る』ことは違う

現実的に
『正解』を知ったところで
『正解』を『実行』出来る人間は少ない

『実行』出来ない正解を
調べ続けることで
『観察』と『考える』時間が奪われ
結果的に
創造性を失う

WWWにアクセスしなくても
自分の日常は何も変わらない

本当はもっと
面白いものになるはずだったWWWが
今では人の時間をムダにからめとる
文字通りの蜘蛛の巣になってしまっている

本当に調べたい情報なのか?
本当に知らなければいけない情報なのか?
本当に必要な情報なのか?

スマートフォンで動画を見ている時間が
自分の人生の
思い出の1ページに刻まれるだろうか?

どこかの誰かが、
勝手につぶやいている言葉が
自分の人生を変えるだろうか?

自分の人生で、
体験から導き出した言葉と
どこかの誰かが、
勝手につぶやいた言葉と
どちらが大切な言葉だろうか?

会った事もない、
これから先、きっと出会わない誰かに
共感してもらう必要があるだろうか?

ネットにあふれている情報は
自分を大きく変えるだろうか?

ネットで『調べる時間』と
自分の頭で『考える時間』
どちらが大切だろうか?

ネットで調べた情報のうち
どれほどの情報が
自分の血肉になっただろうか?

古代ギリシャの
哲学者や数学者達は
自分の頭で考えて
現在も文明の基本となる
偉大な知恵を生み出した
インターネットも
計算機も無い時代に・・・

現在は
食事の時間ですら
スマホで何かを調べているのに
『調べた時間』に見合った『知恵』は
その人の中で
生まれているのか?

黄金の扉

白の章

黒の章

礼節の章

恐れと不安の章

インターネットの章

兎と亀の章

やる気の章

薔薇の章

百合の章

Index
Koyomi
Gallery
Character
黄金の扉
Update Log

Usamichan
Cafe