『本当の自分の力』を取り戻す方法
その1


あなたは『特別』です。

あなたは
『本当の自分の力』を
封じられて生きています。

あなたには
『本当の力』が発揮出来ないように
自動で発動する
『リミッター』が
取り付けられています。

その『リミッター』が
あなたの力を
封じています。

私達はそれを
忌々しい『負のリミッター』
と呼んでいます。

この
『負のリミッター』の効果は
『自分に意識を向けさせない』
『意識の集中を邪魔する』
『今を考えさせない』
というものです。

決まった発動条件は
特に無く
いつでも自動的に
勝手に発動します。

そして
『負のリミッター』は
あなたの意識が
『今』の『自分』に集中するのを
妨げるために・・・

頭の中で
『今』の『自分』以外の事を
無駄に『シミュレーション』させて
『意識と力の無駄使い』をさせます。

本来あなたの力として
発揮されるされるはずの
意識と力が
『今目の前の現実』に
使われず・・・

不確かで夢のような
『過去』や『他人』や
『未来』などに対しての
『シミュレーション』に
無駄に使われるので・・・

あなたの大切な
『今の現実』は
何も変わらず
何も思い浮かばず
何もヤル気が出ずに・・・

ただただ無駄な
『シミュレーション』が
頭の中で繰り返される
という悪循環を
起こすのです。

そのせいで
あなたは
『本当の自分の力』を使えずに
普通の力の無い
一人の人間として・・・

無力感を感じて
世の中の常識や
誰かからの評価に
頼ったり
従ったり
しなければいけない
と思ったり。

他人の目が気になったり
他人の事で
頭がいっぱいになったり
他人に対して腹を立てた後
それをさっさと忘れたいのに
ズルズル引きずったり・・・

『本当の力』を
使えないがために
主体が自分にない
生きずらい人生を
生きてしまっています。

『負のリミッター』を
誰が取り付けたのか
何のために存在するのかは
分かりませんが・・・・

この『負のリミッター』の存在に
気付かない限り
『本当の自分の力』を
出すことは出来ません。

あなたは日常的に
『負のリミッター』によって
『力』を封じられています。

具体的に以下のような体験が
『負のリミッター』による
『意識』の無駄使いと
『力』の封印です。

考えたくないのに
さっき会った嫌な人の事を
頭の中で
何度も思い出してしまったり・・・

考えたくないのに
昔のつらい思い出を思い出し
『あの時こうすれば良かった』と
後悔したり・・・

考えたくないのに
未来の事を
必要以上に心配したり
悪い想像をしてしまったり・・・

『負のリミッター』が
無駄な『シミュレーション』を
あなたの頭の中に
勝手に湧き上がるように
作動しているのです。

無駄な『シミュレーション』によって
心や頭の中をいっぱいにして・・・

『今の自分』『今の現実』で
何も手をつけることが
出来なくなったり
気が滅入って
ヤル気が出なかったり・・・

そうやって
『本当はやれば色々出来る』のに
行動の原動力である
『意識』を
無駄に使わせて
本来のあなたの『力』を
出させないように・・・・

『負のリミッター』が
あなたの『本当の力』を
奪っています。

『負のリミッター』が起こす
あなたに対する主な妨害は
『無駄なシミュレーション』です。

『本当の力』を封じている
『負のリミッター』ですが
では
『本当の力』とは
どんなもなのでしょうか?

あなたは
『本当の自分の力』を
ちゃんと全て出し切って
生きていますか?
と聞かれたら
どう答えますか?

頭の中で
『シュミレーション』してしまって
実際に行動するのが
恐くなったり・・・

誰かに
何か言われるかもしれない
怒られるかもしれない
と心配したり
気分を悪くしたり・・・

失敗するかもしれない
悪いことが起こるかもしれない
とヤル気をなくしたり・・・

『今』この『現実』の自分が
一番大切なのに
シミュレーションに
どっぷりつかって
何も『行動』出来ないなら・・・

それは
『本当の自分の力』を
出し切れている状態では
絶対にないわけです。

全てにおいて
『意識』を『今の自分』に向けなければ
『力』を出すことは
出来ません。

ちょっとした細かい作業でも
ボーっと別の事を考えていたら
やっぱり間違えたり
失敗したりします。

人生でも同じことです
ボーっと頭の中で
無駄な『シミュレーション』ばかりしていたら
『現実』を変えるための
『本当の自分の力』を
使うことが出来ないのです。

頭の中で
嫌な相手に対して
今度会ったときは
どんな風に言ってやろうか。
どう言えば相手に
こちらの言い分を
分からせる事が出来るのか。
と『シミュレーション』したり・・・

今日会った
頭にきた人について
あの人はどうせ無能な人間なんだ。
どうせXXな環境で育ったに違いない。
と『シミュレーション』したり・・・

ネットやテレビのニュースに
自分だったらこうするのに。
あの人は頭が悪いのかなあ。
世の中はこうあるべきなのに。
と『シミュレーション』したり・・・

誰かの本やブログや
情報発信を見て
この人と比べて
自分はこの程度の存在だ。
この人みたいに
若い頃から自分も
結果を出すためには
何をしたら良かったのかなあ。
と『シミュレーション』したり・・・

全て
無駄な
『シミュレーション』です。

何の意味も
価値も無い
『シミュレーション』です。

『シミュレーション』する度に
ヤル気を失い
恐れを感じ
自分の無価値感を強め・・・・

何よりも
人生で最も大切なもの
『時間』を無駄にする
最低の『害悪』です。

なぜそんな
不毛な事を
何度も何度も
あなたは繰り返すのか?

『負のリミッター』が
作動しているからです。

想像してみてください
もし
過去のあなたの人生で
『負のリミッター』が
一度も作動していなかったら
どれだけの有意義な時間や
『行動』が生まれたか。

それこそが
『本当のあなたの力』を
出し切った人生では
ありませんか?

あなたは
今までどれほど
この『負のリミッター』による
無駄な『シミュレーション』によって
頭と心を支配され・・・

『行動出来ない』時間
『思い悩む』時間
『つらい』時間を体験し
そして
その時その時の『この瞬間』を
どれほど無駄にしてきましたか?

『負のリミッター』によって
どれだけ『本当のあなたの力』が
封じられてきたと
思いますか?

『今の自分』に意識を向けなければ
今の行動に『あなたの本当の力』を
反映させることが出来ません。

力のない行動が
あなたの人生を変えますか?
行きたい方向に向かわせますか?

それ以前に
『今の自分』に
意識を向けられない人間は
『行動』する事すら
出来ないのです。

だから
あなたが
『今の自分』に
『意識を向ける』事が
『本当のあなたの力』を発揮する
最も単純な
唯一の方法なのです。

それを阻むのが
『負のリミッター』です。

そして
『負のリミッター』というものが
『存在する』という事を知らなければ
この『負のリミッター』を
『解除』する事も
絶対に出来ないのです。

しかしあなたは今
『負のリミッター』の存在を知り
『今の自分』に
『意識を向けること』が
あなたが『本当の自分の力』を
発揮する方法だ
と言うことを
知りました。

これからのあなたは
『本当の自分の力』を
出し切って
生きなければいけません。

つまりあなたは
今まで無自覚だった
『負のリミッター』が自動的に作動する瞬間を
あなた自身が
気付かなければいけません。

『負のリミッター』の存在に
気付いてしまった者は
それを『解除しなければならない』
『義務』が発生します。

だって
あなたはここまで知った上で
今まで通り
『負のリミッター』による
無駄な『シミュレーション』によって・・・

『本当の自分の力』を
封じられ続けたいですか?

無駄な『シミュレーション』によって
これからも
悩んだり
ヤル気を失ったり
不安になったりして
嫌な時間を
過ごしたいですか?

あなたはもう
『負のリミッター』の存在を
知ってしまった以上
それを放置することは
出来ません。

あなたは
『負のリミッター』が
自動で発動する瞬間に気付き
それを『意識』を集中する事で
『解除』する事が出来ます。

『負のリミッター』を『解除』すれば
あなたは
『本当の自分の力』を
取り戻すことが出来ます。

あなたは
この仕組みを知り
いつも心にとめて置いてください。

この方法を
毎日読み返し
『負のリミッター』が
自動的に発動する瞬間を
あなたが察知して
それを『解除』して下さい。

具体的な方法は
□ 【実践編】『本当の自分の力』を取り戻す方法 その2
に記します。

『今』
『この瞬間』
『あなた自身』に
『意識』を向けることが
あなたの『本当の力』を
発揮する方法です。

それでは次の実践編
□ 【実践編】『本当の自分の力』を取り戻す方法 その2
に進みましょう。


悩みの解決のカテゴリー


□ 『運命』という名の『馬』
物語 自分と他人を比較して、劣等感を感じたりしたとき、比較する必要なんてありません。他人の人生に興味を持つ前に、自分の人生に、もっと興味を持って下さい。
□ 傷だらけの臆病で凶暴な『馬』の話
物語 とある一匹のお馬さんのお話です。
□ 【解説編】『本当の自分の力』を取り戻す方法 その1
【解説編】あなたの『本当の力』は、忌々しい『負のリミッター』によって封じられています。ここでは、『負のリミッター』の存在と仕組みと『あなたの本当の力』を説明します。
□ 【実践編】『本当の自分の力』を取り戻す方法 その2
【実践編】その2では、具体的な『負のリミッター』を察知して『解除』する方法や、『負のリミッター』を作動させないために、避けるべき習慣などの実践方法を説明します。
□ 【応用編】『本当の自分の力』を取り戻す方法 その3
『負のリミッター』が引き起こす、『今の現在自分から意識を遠ざけて、自分の意識と力を奪う』作用は、他の形でも現れます。それを認識することで、『負のリミッター』を、さらに解除しやすくなります。
□ やりたい事、生きてる理由が分からない時の解決法
あなたの『手の届く範囲』に、あなたの本当に『やりたい事』があります。それを正直に『やりたい事』と言えない『雰囲気』に飲まれて、『楽しくない』から、生きてる理由も分からないと悩むのです。
□ 対人関係で悩んでる時の解決法
対人関係で大切なのは『礼儀正しさ』です。『礼儀正しさ』とは、背筋を伸ばして、相手の目を見てコミュニケーションすることです。無理に笑顔になる必要も、好かれようと努力する必要も、一切ありません。
□ 怒りが湧いてきた時の解決法
相手に怒りが湧いたとき、怒りで心が振り回されてしまうと、つらいし、何も楽しめません。怒りをコントロールしましょう。怒りがおさまるとき、それは『納得』したときです。
□ 自分を受け入れて、楽に生きる方法
自分を受け入れられないと、心が苦しくなります。自分を受け入れるためには、自分自身をありのままに、『理由』も『経緯』も『気持ち』も、全て考慮に入れて、自分を『理解してあげる』必要があります。
□ 『評価されない』と悩んでる時の解決法
『評価されたい』のに『評価されない』と悩んでいるなら、その悩みは簡単に解決できます。冷静になって考えてみましょう。本当に欲しいのは『評価』ですか?
□ 愚痴・悪口の解決方法
いつも会うたびに、愚痴や悪口ばかり言う人がいます。自分もそういう時があるかもしれません。愚痴や悪口を言い続けると、人生に悪い影響が出ます。さっさとやめましょう。
□ 他人に自分がどう思われるのかが気になって悩んでいる時の解決法
他人から、自分がどんな風に思われているのかが気になるのは、あなたが赤の他人に『興味』を持ちすぎているからです。無駄な事です。大切な人でもないのに、『興味』を持つのはやめましょう。
□ 【番外編】他人の事、人の気持ちに『興味』を持たなくて良い理由
『相手の気持ちを考えて行動しなさい』と、小さい頃教えられたかも知れません。しかし、『人の気持ち』や、『他人にどう思われるのか』ばかり考えていては、『何も行動できなくなります』。昔教えられたことが、間違っている場合もあります。正しい情報にアップデートしましょう。
□ 絶対に良い言葉だけに触れましょう
言葉には力があります。言葉だけで、力が湧いたり、ヤル気がなくなったりします。『悪い言葉』は力を奪い、『良い言葉』は力を与えます。