兎月院眞理彌の世界
マリヤ様の言葉

ここでは
うさみちゃんとクロラ様のお母様である眞理彌(マリヤ)様の言葉をご紹介します。

どんなに良い言葉も、記録しなければ忘れてしまいます。

運命の車輪をクリックすると、ランダムで言葉が選ばれます。

兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
ちょっとした、ツイてないような事も
実はそのお陰で
思わぬ幸運につながるものです。
あなたが、それを
ツイてない事だと決め付けなければ。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
結果に対して
良い解釈をすれば
次に進む元気が湧いてきます
悪い解釈をすれば
次に進むのが恐くなるでしょう
どうせ
出てしまった結果は変わらないのです
それなら
元気を出して、次に進みましょう。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
何を食べるのかではなく
誰と食べるのかが
食事の美味しさを決めるのです。

どこに行くのかではなく
誰と行くのかが
旅の楽しさを決めるのです
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
『幸せ』は人ぞれぞれです。
『生き方』も人それぞれです。
誰かに強制されるものではありませんし
誰かに強制できるものでもありません。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
人生の『目的』は『心地よさ』です。

お金、恋愛、仕事、健康 評価、グルメ、ブランド、 お酒、ドラッグ、人助け これらは全て『手段』に過ぎません。
『手段』と『目的』が入れ替わってしまう事は
悲しいことです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
あなたが愛する人の幸せを願うように
あなたの事を愛する人も
あなたの幸せを願っています。

あなたが幸せに生きることが
愛する人を喜ばせる最高のプレゼントなのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
あなたの身に
なにかつらい事や、嫌な事があっても
それは必ず、その後の幸福につながっているのです。

今うまくいかないのは、後に
あの時うまくいかなかったから、幸運な結果につながった
と、思える事が必ず起こるのです。

そう信じて下さい。
そして安心して、前に進んで下さい。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
なぜかやってみたい
理由は分からないけど、とにかくやらずにはいられない
それはとても素敵な事なのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
自分は、他人と同じだという勘違いが
そもそもの間違いなのです
誰にでも簡単に出来る事が
あなたに出来なかったり
あなたにとって簡単に出来る事が
他の人達には出来ないなんて事は良くあるのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
言葉には力があります
丁寧で、美しい言葉を使いましょう。
もし、あなたの口から出る言葉が
汚い言葉ばかりであったら
あなたの口が可愛そうでしょう。
丁寧な言葉は
あなたの運命を丁寧に扱うことにつながります
美しい言葉は
あなたの運命を美しいものに導くでしょう。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
あなたを縛っているのは
思い込みや勘違いです
枠からはみ出してはいけない?
みんなと同じでなければいけない?
そうであると、誰が決めたのですか?

あなたがそうだと決めていませんか?
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
自分を見失った人は
『何者か』になろうとします
自分を、見失っているからです
あなたは何者でもありません
あなたは、『あなた』です。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
普通にご飯が食べれること
お風呂に入れること
夜電気がつくこと
水道が使えること
それらが、当たり前の時代ではありますが
それらが、本当にありがたいことである事にも
変わりはないのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
感謝を感じたのなら
それを素直に伝えれば良いのです。
人に限らず、道具や家や花や自然や・・・
何に対してでも良いのです
あなたの言葉と行動で伝えるのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
あなたの痛みや苦しみが分かるのは
あなただけです

他の誰かが、どう言おうと
あなただけは、いつだって
あなた自身の味方になってあげて下さい。

あなただけは、あなた自身の
全ての経緯と気持ちを、知っているのですから。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
清潔である事は大事です
それは・・・
自分自身を大切にしているかどうかにも関ることです
大切なものを、汚れたままにしておけますか?
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
この道しかない
こうするしかない
そんな時こそ、優雅にお茶を淹れて
ゆっくり心を落ち着けるのです。
最初から道などないのです
どこへでも自由に進んで良いのです
道からはみ出したほうが
うまくいく、早く進める事だってあるのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
他人を裏切ったり騙す人
陰口や愚痴ばかり言う人
他人を傷つける事ばかり言う人
悪口を言う人
実はそういう人達は、あなたが思っているほど
その世界を『苦』に思っていません
その人達はその世界が合っているのです
優しいあなたは、『自分がその立場だったら、さぞ苦しいだろうに』と
思ってしまうかもしれませんが
その人達は、別に苦しくないのです。
平気で愚痴や悪口を言い、騙されたり、時には自分も誰かを裏切っているのです。
だから、あなたが心配してあげる必要も
話をちゃんと聞いてあげる必要も、ほとんどないのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
『あなたの為になりたい』
『みんなの為になりたい』
『人の為になりたい』
そう言って近づいてくる人は、
残念ながら『嘘つき』です。
人の為と書いて『偽(いつわり)』ですから。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
誰かの成功をうらやむ必要はありません
人はみんな、生まれたときからスタートラインが違うのです。
あなたがスタート地点から
どんな風に進んだのか
そして、『満足』しているか
それだけが、あなたにとって関係のある事で
他人がどこから、どんな風に進んだのかなど
あなたにとっては全く関係のない事なのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
上手くいかなくても、気にする事はありません
そんなものだと、大きく構えていればいいのです
大丈夫です。次はきっと上手くいきますから。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
『悪い癖』は直せます
『これは悪い癖だ』と、その都度気付く事です
そして、その『癖』を禁止するのではなく
別のものに置き換えるのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
水の味を、思い浮かべることは出来ますが
水の味を、言葉で説明出来る人がいるでしょうか?
つまり、言葉はその程度のものなのです
身体の感覚を表現したり、感情を再現したりするには
言葉は全く足りないのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
言葉で色々考えるよりも
感覚に任せて身体を動かしてみましょう
『とりあえず、やってみる』
その方が上手くいくこともあります。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
息抜きや、リフレッシュを
100パーセント集中してやってみましょう。

一杯のコーヒーを、100パーセント集中して味わってみましょう。
お風呂でリフレッシュする時間を、100パーセント集中して楽しんでみましょう。
落書きを、100パーセント集中して描いてみましょう。
少し体を動かしたり、ストレッチを、100パーセント集中してみましょう。

何かをしながら、ダラダラするよりも
ずっと息抜きやリフレッシュが、質の高いものになります。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
『過程』にこそ『本当の価値』があるのです。
旅は、目的地に着くまでの道中が楽しいのです。
絵を描くのは、描いている時間が楽しいのです。
スポーツは、勝敗が決まるまでの、プレーしている時間が楽しいのです。

人生は、死ぬ瞬間に、あなたが持っている財産で価値が決まるのではありません。
過ごしてきた日々という『過程』に『本当の価値』があるのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
相手がどんな人間か
判断するには少し時間がかかります。

初対面の頃は、良い人のように思えても
少し時が経つと、実はその人は
あなたにとって、とても有害な人だったという事を
体験した事があるはずです。

逆に、出会った頃は、好きになれないと思っていた人が
時が経って、その人の本当の人柄が理解できて
あなたにとって、かけがえのない人になった事を
体験した事があるはずです。

兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
付き合いの浅い人間に対しては、
心を開かずに
礼儀正しく
ただ観察するのが一番です。

味方とみなさず
敵とみなさず

時間をかけて
相手の真実の姿を見極めるのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
あなたにとって、大切な人以外の言葉は
耳に入れる必要はありません。

あなたに何かを頼んだり
要求したり、困っていると相談してきたりしても

その相手は、あなたの事を『ないがしろ』にしていて
『軽んじている』からこそ、
そういった無責任な要求が出来るのです。

そして、その要求にあなたが応えたとしても
相手はあなたに感謝しません。
それどころか、さらに要求を強めてくるでしょう。

あなたの大切な人が
あなたにそんな事をしますか?

あなたに向けられた言葉に、あなたが応じる必要があるかどうか
しっかり見極めてください。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
成長する植物の
枝の先端や
つるの先端をイメージしてみてください。
先端で、細胞分裂が起こり
枝やつるは、先へのびてゆきます。

それと同じように
あなたが生きている人生の『今』は
その、枝やつるの先端なのです。
今この瞬間から、未来が創られるのです。

日なたに枝を伸ばすのか、日陰につるを伸ばすのか
どこに向けて未来を創るのかは
いつでも
今この瞬間
自由なのです。

これまで、あなたがどの方向に枝やつるを伸ばしてきたのかも
関係ないのです。

今から、好きな方向に、枝やつるを伸ばして
好きな方向に、未来を創れるのです

今この瞬間に、あなたは自分の枝やつるを
どちらに伸ばすのかを、意識して決めるのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
もし、

あなた自身の運命の、全ての決定権を、あなたが持っていたとしたら・・・

これまでの過去も、今現在の状況も
全てあなたの選択の結果だとしたら・・・

言い方を変えるなら

現状を選んでいるのは、あなた自身で・・・

あなたが意識するだけで
『終わり』にしたり
『始め』たり
『そのまま続け』たり

それを自由に選択できるなら・・・

その決定権を使わないのは
もったいないとは思いませんか?

この話が、正しいか、正しくないかを考える前に

そう仮定すれば
あなたは、今すぐにでも
あなた自身の運命の全てを
あなた自身が決めることが出来ると思いませんか?
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
前に進みたいのに
ずっと、その場で足踏みをしてしまったり
同じところをぐるぐる回ってしまって
悩んでいるのなら

前に進まなくても、
今の場所から、足を踏み外してみてはどうしょう?

横に踏み外しても、後に踏み外しても良いのです。
ほんの少しなら、恐くないでしょう?

それだけで、ほんの少し
見える景色が変わるかもしれません。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
他人の目を気にする必要はありません。
あなたが思っている100分の1も
他人は、あなたの事を見ていないのですから・・・
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
他人の言葉を気にする必要はありません。
皆、自分の好き勝手に話しているだけなのです。
平気でウソもつくし
人から又聞きしたことを
さも、自分の言葉のように話すのです。

そんな他人の言葉に
『真実』を求めること自体が
間違っているのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
あなたにとって、
大切ではない人の事を
あれこれと、考えることはやめなさい

それは、あなたの限りある人生の時間の
無駄遣いに他ならないのです。

どうでも良い他人の事を
考えたり、思い浮かべるだけでも
それは『害悪』にしかならない事を
覚えておいてください。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
他人に時間を奪われるくらいなら
自分の時間を、何もしないで過ごす方が
どれほど良いことでしょう。

命が永遠に続くと勘違いしている人間は
自分の時間が奪われることに
驚くほど無頓着です。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
全く同じ事でも
相手によって
許せたり、許せなかったりする事があります。

あなた自身が、
許せるか、許せないかの
基準を決めているのです。

あなたに全ての決定権があるのです。
それを忘れないで下さい。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
嫌な事は、さっさと忘れましょう
思い出しても、何も良いことはありません。

『無かった事』にするのです。
嫌な出来事も、
嫌な相手の事も、

その存在を、『忘却』と『無関心』によって
この世界から、消し去ってやるのです。

『記憶にも残す価値の無い、ゴミだ』と
『軽視』して、『忘れ去る』のです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
あなたが他人に
どんなに的確な正論を言っても
他人がそれを受け入れるかどうかは
分かりません。

明らかな正論であっても
それを理解しようとしなかったり
感情的にそれを拒否したりする人間が
いかに多いことか、あなたも知っているはずです。

しかし、それと同じように
あなたも他人から、
どんなに的確な正論を言われても
それを受け入れる必要は無いのです。

他人の正論を、
理解しようとしなくて良いのです。
また、理解したとしても
感情的にそれを拒否して良いのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
他人の言葉に従う義務はありません。
決定権は、全てあなたにあるのです。

あなた自身の決定権を放棄することは
あなたの人生と、運命への冒涜です。

あなたが決めるのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
自らの人生や、運命に、
奴隷の首輪を、はめたがる人間がいます。

自分自身の自由な時間を
どうすごして良いのかわからない人間や
自分の命が、永遠に続くと勘違いしている人間達です。
他人が決めた時間に
他人が決めた仕事をやらされて
他人が決めた常識や考え方に従い
他人に自分の時間を奪われ続ける

そして、
他人が決めた娯楽を
自分の楽しみや、人生の目的と勘違いし
自分に残った、わずかな時間を
それに費やして過ごすのです。

哀れですが・・・本人達はそのことに気付いてすらいないのです。

誰かの奴隷でいる事で、
自らの人生や運命について
彼らは、自分の頭で考えないので

彼らは、それが楽なのです。

あなたは・・・
自分の人生や運命について
自分の頭で考えて、答えを出すのです。

あなたのたった一度の人生を
誰かの奴隷として過ごしてはいけないのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
他人と自分を比べて
劣等感を感じるのは
あなたが、出来もしない事を
『なぜ出来ないのか』と、思い悩むからです。

魚は水の中で生きていけるのに
なぜ人間は、水の中で生きていけないのか
水の中で生きていけない自分は
なんて劣った存在だ・・・と
あなたは思い悩むでしょうか?

魚と人間が『同じ』だという勘違い
他人と自分が『同じ』だという勘違い

それがそもそもの間違いなのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
現代の人間は、
『本来持っている力』を奪われています。

『直感の力』や『感じる力』
肉体の『潜在能力』や、『制御力』や『成長力』

歴史の浅い、近代科学では解明することは出来ない
人間が古来から持っている
『本来の力』があります。

それは自分自身と対話することで
呼び起こすことが出来るでしょう

テレビやスマートフォンなどに
意識と時間を奪われているような人間は、
到底、自分自身と対話することなど出来ませんし
『本来の力』を呼び起こすことも出来ません。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
あなたが『遠慮』をしてしまうのは、
思いやりが深いからです。

あなたが要求していないのに、
力を貸してくれる人や
あなたのために何かをしてくれる人へ
『感謝』をしめしたいのなら

遠慮せずに受け取って、
あなたが喜ぶことです。

あなたの喜ぶ顔が、何よりの『お礼』になるのです。

『遠慮』することは、相手の好意を
拒否するのと同じことです。

あなたは『遠慮』せずに
受け取ってください。

あなたには、受け取る『資格』があるのだから。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
今のあなたの事を
過去のあなたが
助けてくれることがあります。

だから

今のあなたも
未来のあなたを助けるかもしれない
大切な存在なのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
『他人の不幸は密の味』とは
よく言ったものです。

不幸なニュース
誰かへの批判
誰かと誰かの争い
スキャンダル・ゴシップ
本来であれば、知る必要も無い
他人の不幸に関する情報

そういうものを見たり
話題に上げたりする事が
多くの人間は好きなのです。

なぜか?

それらは、簡単に得ることが出来る
楽しい『刺激』だからです。

お酒や、ドラッグに似ています。
身体に入れるだけで簡単に
楽しい『刺激』が得られる様にです。

しかし
あなたはどうですか?
そんなものを
人生の楽しみにしたいと思うのですか?

そんなものに意識を向けて
そんなものに時間を割き
そんなものを楽しみとする人生が
あなたの望む人生ですか?
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
今の世の中には
無駄な情報があふれているのです

知らなくても
何の問題も無い情報ばかりです。

それらはあなたの人生を
豊かにしてくれる情報ですか?

この先、あなたの心を支えたり
あなたの役に立つ『知識』となる情報ですか?

あなた自身に問うのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
自分自身に問うという事は
自分自身の頭で『考える』という事です

自分自身の頭で『考える』という事は
自分自身としっかり『向き合う』という事です。
思考し、考えるのです。
答えが出なくても、あなたの答えを探すのです。

そうして過ごす時間こそ
あなたが本当に生きた人生の時間なのです。

答えが出なくても良いのです。
考える時間それ自体が
あなたにとって必要な、真に価値のある時間なのです。
兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
全身に力が入って、身体がこわばっている時は
少し押されただけで、重心がぐらつき
倒れてしまいます。

こらえようとして、力を入れれば入れるほど
外側からかかる力は、100パーセント全身に伝わるのです。

『力を抜かなければ』、受け流すことは出来ません。

兎月院眞理彌 マリヤ様の世界
力が入った状態で、身構えていては
本来の力を出すことは出来ないのです。

落ち着いて、自然な状態で
適度に力が抜けた状態でこそ、
集中力が発揮され、
即座に反応し、
最大の力を発揮できるのです。

力まず、身構えず、脱力して
視野と思考を広げて、冷静に・・・・

Link

うさみちゃんカフェ twitter

うさみちゃんカフェ pixiv


Usamichan
Cafe


カステラ