他人から自分の事を、決め付けられたり、誤解されたりして嫌な気持ちになった時の
解決法


そう思っていないのに
他人から
「あなた、○○だと思ってるんでしょ」
と勝手に決め付けられると
腹が立ったり
嫌な気持ちになる

そうじゃないのに
他人から
「あなた、○○な人だから」
と勝手に決め付けられると
腹が立ったり
嫌な気持ちになる

一番覚えておかなければいけないのは
他人の勝手な決め付けや
誤解や思い込みは
絶対に
『正確ではない』
『間違っている』
ということ

正確ではない
間違ったことを
勝手に決め付けられるから
腹が立ったり
嫌な気持ちになる

今に至る経緯も
何を体験して
何を感じて
どんな性格で
どんな問題を抱えていて
生まれた環境や時代や
自分の人生を取り巻いてきた
ありとあらゆる要素を
他人は一切知らないのに
そんな他人が決め付けた
自分に対しての
あなたは○○な人間
あなたは○○と考えている
なんて意見は
絶対に間違っているし
1ミリもかすってもいない

万が一他人の決め付けに
自分にとって
当たっていそうな部分が
あったとしても
それは完全に『偶然』

他人からの決め付けで
腹が立ったときは
怒りが湧いてきた時の解決法
理論で考えれば
相手に『支払わせたいもの』は
『相手が自分の事を正しく理解して
決め付けを撤回すること』
になる

怒りが湧いてきた時の解決法でも書いたが
それを相手に支払わせるために
相手に説明したり
実際に証拠を見せたりする
自分の労力や手間を考えた場合
もう『支払ってくれなくて良い』
という選択肢をとった方が
自分の大切な人生の時間を
無駄にしなくて済むかもしれないし
ストレスにならない場合が
結構ある

他人に説明したり
証拠を見せたりしても
その人が理解出来るかどうかは
全く分からない

理解したとしても
決め付けを撤回するかどうかは
全く分からない

それならば
他人の勝手な
自分への決め付けを
撤回させるために
自分の時間を使うのは
自分にとって損になる可能性が高い

その時間を
自分の好きな事や
やりたいことに使ったほうが
絶対に自分の得になる

誤解されたままだと
確実に自分が今すぐに
ものすごい損をしたりする場合は
ちゃんと誤解を解く努力を
したほうが良いが
そんな状況でも
100%他人の誤解が解けるかどうかは
分からない

例えば
電車で痴漢を捕まえた人が
もみくちゃの中で
誰が誰だか分からなくなり
捕まえた側の人が
痴漢だと勘違いされる事が
あるかもしれない
そういう場合は
すぐに誤解を解いたほうが良いが
興奮した女性がその人の事を
痴漢だと言い張り
警察に捕まる一歩手前で
周りの目撃者達の証言で
無実が証明された
という事件が
実際にあった

思い込んでいることが
本当に間違っていて
ちゃんとした真実を説明しても
相手がそれを受け入れるかどうかは
本当に分からない

自分に対して
相手が勝手な決め付けや
誤解をしてきても
誤解を解かないと逮捕されるとか
誤解を解かないと殺されるとか
そんな緊急の場合以外の
全ての決め付けや誤解は
放っておいて良い

自分に対しての
他人の勝手な決め付けや
誤解は
正確ではないし
そもそも間違っているので
一切、気にしなくて良い

他人から勝手な決め付けをされた時
その言葉を気にしてしまって
自分の気持ちが落ち込んだり
それを考えこんでしまう時間が
自分にとって
一番の損になる

他人は自分の事を
絶対に正確に評価できない
という事を
忘れてはいけない

もしも他人から
「○○な人だ」と決め付けられたとしても
そんなものが自分の人生に
何の影響を与えるだろうか?

自分が
「あの人は嫌な人だ」
「あの人はきっと誰からも嫌われる」
「思いやりのないダメな人だ」
と思っている人に
素敵な恋人がいたり
たくさん友達がいたり
社会的な地位があったり
相手は自分の決めつけとは全く違う
人生を送っているなんて事は
よくあること

自分も他人を
正しく評価するとはできないし
自分の勝手な
他人への決め付けや
他人への誤解は
他人になんの影響も与えない

もし嫌いな人間から
「あなたが私に対して持っている
考え方や印象を修正しろ!」
と言われたら
その人間への
考え方を変えるだろうか?

自分に対する
他人の勝手な思い込みを
こちらから変えることは
とても大変な労力がいるし
自分に対する他人の思い込みを
変えたところで
自分の人生には
たいした得にはならない

自分の好きな人や
付き合いたい異性に対しては
ある程度、印象操作を
がんばってみても
良いかもしれないが
自分を良く見せようとしても
結局
逆効果になったり
ぼろが出たりするし
相手に思い込ませたい自分が
正しく伝わらないことが
ほとんど

自分が勝手に思い描いていた
好きな人への印象も
実際に話してみたら
思っていた感じと
全然違っていた
なんてことはよくある

それだけ
他人の勝手な決めつけも
自分の勝手な思い込みも
全部、不確かなものなのだから
誰から
何を言われても
気にする必要は
全く無いということ

相手の思い込みを
変える事は大変だし
変える必要も無いし
自分に何の影響も無い

そんな影響のないものに対して
腹を立てたり
悩んだり、時間を使ってしまうのが
一番自分の損になる

出来ることは
言われた瞬間
「違います」
と一言、言うくらいで
その後は
一切そのことについて
考えなくて良い

他人の勝手な決め付けで
自分を悪く思ってしまうのは
自分を大事にしていない証拠

他人の決め付けで
自分を責めてしまったり
自分を悪く思ってしまったのは
他人のそんな勝手な決め付けには
何の影響力も無いし
それ自体が
完全に間違った評価であることを
『知らなかった』から

どう思われても
自分の人生や
自分がどんな人間なのかを決めて
それを実現するのは
自分しかいない

勝手な事を言う他人に対して
腹が立ったり
嫌な気持ちになったら
『何も支払わせない』を
さっさと選んで
そんな人に関るのはやめて
自分の人生を
楽しんだほうが良い

相手に理解させる必要は
一切無い

相手が理解しても
自分の人生には
ほとんど得する事がない

自分が自分を理解できていて
自分を信じられれば
それは自信になって
自分に新しい行動をおこさせたり
新しい楽しみを見つける
『力』になる


悩みの解決のカテゴリー


□ 『運命』という名の『馬』
物語 自分と他人を比較して、劣等感を感じたりしたとき、比較する必要なんてありません。他人の人生に興味を持つ前に、自分の人生に、もっと興味を持って下さい。
□ 傷だらけの臆病で凶暴な『馬』の話
物語 とある一匹のお馬さんのお話です。
□ 【解説編】『本当の自分の力』を取り戻す方法 その1
【解説編】あなたの『本当の力』は、忌々しい『負のリミッター』によって封じられています。ここでは、『負のリミッター』の存在と仕組みと『あなたの本当の力』を説明します。
□ 【実践編】『本当の自分の力』を取り戻す方法 その2
【実践編】その2では、具体的な『負のリミッター』を察知して『解除』する方法や、『負のリミッター』を作動させないために、避けるべき習慣などの実践方法を説明します。
□ 【応用編】『本当の自分の力』を取り戻す方法 その3
『負のリミッター』が引き起こす、『今の現在自分から意識を遠ざけて、自分の意識と力を奪う』作用は、他の形でも現れます。それを認識することで、『負のリミッター』を、さらに解除しやすくなります。
□ やりたい事、生きてる理由が分からない時の解決法
あなたの『手の届く範囲』に、あなたの本当に『やりたい事』があります。それを正直に『やりたい事』と言えない『雰囲気』に飲まれて、『楽しくない』から、生きてる理由も分からないと悩むのです。
□ 対人関係で悩んでる時の解決法
対人関係で大切なのは『礼儀正しさ』です。『礼儀正しさ』とは、背筋を伸ばして、相手の目を見てコミュニケーションすることです。無理に笑顔になる必要も、好かれようと努力する必要も、一切ありません。
□ 怒りが湧いてきた時の解決法
相手に怒りが湧いたとき、怒りで心が振り回されてしまうと、つらいし、何も楽しめません。怒りをコントロールしましょう。怒りがおさまるとき、それは『納得』したときです。
□ 自分を受け入れて、楽に生きる方法
自分を受け入れられないと、心が苦しくなります。自分を受け入れるためには、自分自身をありのままに、『理由』も『経緯』も『気持ち』も、全て考慮に入れて、自分を『理解してあげる』必要があります。
□ 『評価されない』と悩んでる時の解決法
『評価されたい』のに『評価されない』と悩んでいるなら、その悩みは簡単に解決できます。冷静になって考えてみましょう。本当に欲しいのは『評価』ですか?
□ 愚痴・悪口の解決方法
いつも会うたびに、愚痴や悪口ばかり言う人がいます。自分もそういう時があるかもしれません。愚痴や悪口を言い続けると、人生に悪い影響が出ます。さっさとやめましょう。
□ 他人に自分がどう思われるのかが気になって悩んでいる時の解決法
他人から、自分がどんな風に思われているのかが気になるのは、あなたが赤の他人に『興味』を持ちすぎているからです。無駄な事です。大切な人でもないのに、『興味』を持つのはやめましょう。
□ 【番外編】他人の事、人の気持ちに『興味』を持たなくて良い理由
『相手の気持ちを考えて行動しなさい』と、小さい頃教えられたかも知れません。しかし、『人の気持ち』や、『他人にどう思われるのか』ばかり考えていては、『何も行動できなくなります』。昔教えられたことが、間違っている場合もあります。正しい情報にアップデートしましょう。
□ 絶対に良い言葉だけに触れましょう
言葉には力があります。言葉だけで、力が湧いたり、ヤル気がなくなったりします。『悪い言葉』は力を奪い、『良い言葉』は力を与えます。